メッキ塗装のお悩み解決します!

メッキ塗装のこんな事で悩んでいませんか?

  • メッキ塗装パーツのメッキが剥がれた!
  • メッキ塗装パーツのメッキが浮いてきた!
  • メッキ塗装パーツのメッキがくすんできた!
  • メッキ塗装パーツのメッキがサビてきた!
  • メッキ塗装パーツのメッキの手入れ方法が知りたい!
  • メッキ塗装パーツのメッキの扱い方法がわからない!
  • メッキ塗装パーツにメッキ加工したい!
  • メッキ塗装パーツにワンオフメッキしたい!
  • メッキ塗装パーツの再めっきしたい!
  • メッキ塗装パーツのリクロームしたい!
  • メッキ塗装パーツにメッキでカスタムしたい!
  • メッキ塗装パーツにメッキして仲間から一目置かれたい!
  • メッキカスタムコンテストで優勝したい!
  • とにかくメッキ塗装が大好きなんだ!

メッキ塗装のことならお任せください

image047 史上”最鏡”の
メッキ塗装のプロ集団NAKARAIが
貴方のメッキ塗装パーツをピカピカにします!
お気軽にご相談ください!  
そんなNAKARAIとは(・・? 光りものが大好きで自分のジェットスキー、自転車をピカピカクロムメッキしています! 
≪次はあなたのメッキパーツをピカピカにしましょう!!»

新着情報
2014.11.21

メッキ塗装とメッキ加工はぜんぜん違います。見破り方ですがテスターを当てて通電したらメッキ加工!きちんと金属が被覆されている証拠です

2014.11.20

蒸着メッキ・銀鏡メッキ等のメッキ塗装で失敗された方! 弊社は本物のメッキなのでご安心ください。

2014.11.18

弊社のクロームメッキ加工はメッキ塗装でなはく本物のクロームメッキです。

2014.01.17

HPをリニューアル致しました。これからお客様へ情報をお伝えしていきます。

数多くの雑誌に取り上げられる、メッキ工房NAKARAIの腕前とは?



  カスタムブッグに特集された記事をここではご紹介します

プラスチックパーツ製のパーツにもクロムメッキができる!
プラスチック製パーツにクロムメッキを施すカスタムを受け付けているのは、大田区にあるナカライ。
プラスチックのメッキといえば、プラモデルなどに使われる真空蒸着メッキが一般的。だがこれらは金属パーツに施されるクロムメッキと比べて仕上がりが悪く、耐久性もよくない。その点、ナカライが施すのは本物のクロムメッキ。しかも、金属パーツと同じようにナカライならではの6層メッキが施されるから、その仕上がりはまさに鏡のようだ。
一般にクロムメッキしやすいプラスチックといえば、車のエンブレムなどに使われているABSだが、表面が滑らかなFRP(ガラス繊維強化プラスチック)も相性がいい。HD純正を含めて、カウルやサドルバッグはたいていFRP製なので、金属パーツと同じような仕上がりになるというわけ。
なお、ナカライはメッキが専門なので部品の脱着や組み付けといった作業は行っていないので、脱着等はHDディーラー・バイクショップ等と相談のうえ、ナカライまでパーツ単体にして送ってとのこと。

before

after


★樹脂メッキの参考画像(メッキ塗装ではなく本物クロームメッキ加工)

    

クロームメッキした後のメンテナンスには絶対的に「メッキング」がお勧め!

 

注文数


愛用者の声



■大満足です! YAMAHA DC1100トライクで年居てますけど光が違います。 ウルサイ仲間に、プロに出したろ!と言われた位に光ました。 O・M様

■諦めていたサビがサビトリキングで簡単にとれました! その後メッキング塗布でまるで新品以上の輝きに! 
再メッキを検討していたのですが、サビトリキング&メッキングで十分すぎるほどキレイになりました。
メッキングの光沢感はやみつきになりそうです。 G・K様

メッキ塗装パーツお悩み相談室を立ち上げた”思い”ですが、

最近、”鍍金パーツ離れ”をする多くの方々があげる理由には「クロムめっき(鍍金)=錆びやすい・剥ががれる・あつかいづらい」……というマイナスなイメージがあります。
でも、そのイメージは近年の製造コストの削減に継ぐ削減による”めっきパーツの質の低下”が最大の要因なのです。が、しかし、こうした流れはどうすることもで きません

本物の”メッキ加工の輝き”はとてつもなく美しいです。

メッキ塗装とメッキ加工では、正直比べる次元ではありません…

メッキ塗装ではなく、ワンオフパーツには本物のメッキ加工をしていただきたい!!  
また、間違ったメッキ手入れ方法を止めていただき、めっきの弱点、特性を知っていただいたうえで、
メッキ加工の輝きを維持して頂きたい

 

これから愛車のパーツにメッキを検討している方には、メッキ塗装ではなく本物のメッキ加工をしていただきたい! と強く願っています。
巷では、メッキ塗装屋が水と空気以外何にでもメッキできます! とウタっておりますが、それが素晴らしいことなのでしょうか??
上から吹き付けて終わり! そんな簡単にメッキ加工は出来ません。かならず素地に戻してからの作業になりますので、現物をみないとお見積はお出しできないのも本物メッキだからこそです。
なにより一番重要なのは品質ではないでしょうか?本物メッキ加工とメッキ塗装では、明らかに仕上がり、耐食性、変色性、密着性が段違いです。金額は倍以上でも耐食性が10倍以上違うので、メッキ塗装は価格の割に高いということになります。事実弊社に一番多い問い合わせは他社でメッキ塗装したけど仕上がりが最悪なので、NAKARAIさんで再メッキしていただけませんか?
一度メッキ塗装すると再メッキができない場合があります。そういった事を考慮して
初期費用はかかるものの、耐食性が10倍以上の本物メッキ加工を強くお勧めいたします。

 
そんな本物志向の貴方にはNAKARAIが分厚く本物クロムメッキ加工します!

 

すべては!! 貴方のクロームメッキパーツがいつまでも、いつまでも光り輝いていて欲しいからです!
メッキ塗装で失敗した方! 大歓迎! 何かお悩みがありましたら、個人・ディラー・ショップ・法人様問わず何なりとご相談ください!

メッキ塗装ではなく、本物メッキ加工屋のNAKARAI
何かお悩みがありましたら、何なりとご相談ください!